So-net無料ブログ作成
検索選択

いわき-東京交通事情 2009年夏版 [旅行]

夏休みですねぇ。朝ラッシュ時のドア一旦締め切り扱い中止の張り紙で
季節を感じる今日この頃です。

昨年末に同じネタをやったんですが、半年もするといろいろ事情が変わってきたので、
再びまとめてみます。基本的に往復使用を考えています。

ツーデーパスが登場して、2日で往復する際の選択肢が充実しました。
ってかこのきっぷ、特急券追加で特急乗車可というのは地味に強いです。
レンタカー買う人なら免責込み一日2000円も見逃せない点ですね。

えきねっと限定「トクだ値」は、5月から特急料金のみになりました。
当初常磐線上野-土浦のみの設定と、やる気が感じられなかったのですが、
7月分から上野-いわきまでの設定が復活。グリーン車はなくなっちゃいましたけどね。
ツーデーパスと使えといわんばかりの設定ですね。

では時間だけはある人向けの鈍行コースからご紹介。

正規運賃(使用当日のみ有効、途中下車前途無効)
片道乗車券:3570円 
往復:7140円

青春18きっぷ(5回or日分11500円、7月20日から9月10日まで)
一日で往復するんなら:2300円 (-4840円)
別々の日で往復なら:4600円 (-2540円)

ツーデーパス(有効期限2日、7月20日から8月31日までと9月の土日のみ)
大人:5000円 (-2140円)
学生:3500円 (-3640円)

往復8時間普通列車とかは若いうちにしかできませんよ。
就職活動で4、5回やりましたけどw
それでは本命、特急使用コース(計算は通常期です)

正規運賃
乗車券:3570円 指定席特急券:2820 円 合計6390円 
往復12780円

ひたち東京フリー切符(いわき方面からの設定、東京エリアフリー乗車、4日間有効) 
往復:12000円 (-780円)
※夏季に学生用の設定はなし

ひたち往復きっぷ(上野からの設定、4日間有効)
往復:11300円 (-1480円)

ひたち回数券(6枚つづり、有効期間:3ヶ月、年末年始・GW・お盆使用不可)
一往復あたり:11000円 (-1780円)

トレインアンドレンタカー(年末年始・GW・お盆割引なし、別途レンタカー代金が必要)
乗車券:2850円(2割引) 指定席特急券:2530円(1割引) 合計5380円 
往復10760円 (-2020円)

東京週末フリーきっぷ(いわき方面からの設定、週末限定、前日まで購入、東京エリアフリー乗車、2日間有効)
往復:7900円 (-4880円)
学生:5000円 (-7780円、9月27日までの設定)

トクだ値(実質前日までの予約、2009年9月末乗車分まで、駅ねっと限定、特急券のみ)
一乗車:1690円
普通乗車券との併用の場合:10520円 (-2260円)
ツーデーパスとの併用の場合:8380円 (-4400円)
ツーデーパス、学生の場合:6880円 (-5900円)

トクだ値とツーデーパスをもってしても東京週末には勝てないのか……。
東京週末はフリーエリアもあるし、なんと言う化け物きっぷ。
学生用の設定が笠間からいわきまで5000円とかいい加減すぎです。

高速バスのほうは、料金は変わりませんが7月から増便になったようです。
合計39往復。いわきの始発が4:00と一時間繰り上がっています。
片道3350円 往復6700円/回数券(四枚綴り)利用で片道2750円 往復5500円

特急料金は繁忙期・閑散期で価格が異なります。
時刻や正確な運賃は公式なソースでご確認いただくことをお勧めします。

それでは皆さん、よい旅を。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。